女性

呼吸が止まる疾患とは

恐るべし無呼吸症候群を治療する方法を紹介します。原因をしっかり知り、自分に合った治療法についてこちらで調べましょう。

睡眠時の呼吸が止まる症状

先生

睡眠時無呼吸症候群という疾患がメディアなどで取り上げられることが増えました。無呼吸症候群はその名前から、単に息が止まるだけと思われがちですが、知っておくべき症状に関する知識があります。無呼吸症候群は深刻な場合、突然死に繋がると言われますが、実際にはこのケースを心配する段階の人は多くありません。それより重要なのが、睡眠の質の大幅な低下です。無呼吸症候群は睡眠時に呼吸が急に止まったり始まったりすることで、むせるようにして目が覚めてしまう人が多いです。これにより、睡眠の質が大幅に低下し、結果的に朝起きても眠気が強かったり、日中の激しい眠気に襲われることで日常生活に支障をきたすことになります。このように、無呼吸症候群は日常への影響が大きいことを覚えておきましょう。

気づいたら早めの受診

最近では多くの総合病院で睡眠外来が設けられたり、無呼吸症候群などの睡眠に関わる病気を専門とする医療機関も増えてきました。気になる症状が出たら、まずは早期受診が大切ということに注意しましょう。無呼吸症候群の患者の多くは、大きな音のいびきをかいて寝ていることが多いことが分かっています。また、呼吸が止まるのを家族が気にかけているケースも少なくありません。つまり、無呼吸症候群は症状を抱える本人だけではなく、近くで寝ている家族にも影響を及ぼしている可能性が高いということになります。大きないびきや呼吸の停止を家族が見つけたら、本人に積極的に受診を勧めましょう。また、自分が夜中むせて目覚めることが多いと思った場合も、無呼吸症候群を疑いましょう。

睡眠中の異常

先生

睡眠中に呼吸が止まったり、いびきが大きい症状を無呼吸症候群と呼び、周囲だけでなく本人にもよくありません。扁桃が大きいためにこのようになってしまうことが多く、克服するためには病院での治療が最適です。無呼吸症候群は、睡眠妨害で疲労や注意力の欠如なども起こるので、健康的な睡眠を目指す必要があります。

疲れやすいという場合には

いびき

眠っている時に呼吸が一時的に止まってしまう睡眠時無呼吸症候群は、慢性的な疲労感の原因となります。この症状の原因は気道が狭くなってしまうことが挙げられますので、高い枕を止めたり横向きに寝るなどの工夫で改善することもあります。また、肥満の人は睡眠時無呼吸症候群になりやすいので食生活の見直しが必要です。

睡眠中に呼吸が止まる

いびき

睡眠時無呼吸症候群の原因には肥満などが挙げられ、食生活も欧米化してきているため肥満になる可能性も増え、この症状も今後益々起こる可能性があり得ます。症状を改善するためには、肥満にならないもしくは肥満を改善する事が大事なことの一つと言えるでしょう。